ぴょん吉 無残!
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~303 

ぴょん吉 無残!


台風が去った後、ぴょん吉たちをまたみかけるようになっていました。

002.gifところが、ある日、精米機戸口のコンクリートのところに無残な姿のぴょん吉が……

あお向けでお腹からはダッコが出ています。
007.gif可愛そうに手足をだらりとのばし、完全に心臓が止まっている状態です。

掃除のため戸をあけようとすると、
戸口より上(地上約2m強)のほうに、大きな茶色いカマキリがいました。
033.gifこやつが犯人だな!!確信――

緑色の小さなカマキリなら、見かけることもありますし、可愛げもありますが、
このカマキリは胴体の部分だけでも10cm近くある、かなり大きなカマキリです。

ぴょん吉はいつものように、サッシの桟の陰に隠れていたところを、
背後からわき腹へばっさりと大きなかまを振り下ろされたのでしょうか?!

そのままぴょん吉落下し、無残にも、内臓が飛び出したのでしょう。

034.gifそして、大なたを振るったカマキリは、
2m下に落下した獲物に気が付かないまま、その場にとどまっていた――??


この後もう、ぴょん吉たちを目にすることはありません。
025.gifきっと、天敵のいる超危険箇所に指定(?)されてしまったのでしょう――か?。?
[PR]
by takematugumi | 2011-10-12 17:00 | その他
<< 『題名のない音楽会』 第2回歌... 秋晴れ&山の稜線美&花の香 >>