竹松組ご一行様 ④ 浅草寺
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~156

竹松組ご一行様 ④ 浅草寺

浅草寺トレードマークでもある雷門の大提灯
松下幸之助氏が病気平癒の報恩のために奉納されたもので、
お祭りの時と台風の時のみ、たたまれるそうです。

本堂には観音様が奉られ、江戸三十三観音札所の第一番目にあたります。
027.gif残念ながら東京大空襲で消失し、昭和33年鉄筋コンクリートで再建されました。
それから50年が経たので、
平成本堂大営繕として屋根瓦のふき替えと外壁塗装が現在行われています。
034.gifそのため本堂は工事壁でおおわれており、
美観をそこねないように、山本寛斎氏のスタジオがプロデュースした、
金の龍が大きく描かれておりました。
本堂の天井画として、川端龍子によって描かれた「龍之図」が元となっています。
それに並んで、堂本印象画「天人散華之図」があり、こちらはしっかりとみてまいりました。
かつて、京都の堂本印象の自宅を美術館として公開しており、
彼の日本画の作品をみたことがあります。
独特の、まん丸お顔のふくよかな天女様でした。

人垣がなくなるのを待って、観音様にお参りいたしました。

修学旅行の生徒らしき一人が、お参りする時は、二礼二拍手一礼…するのだと、
他の生徒にうんちくしているのですが、
023.gif残念ながらそれは、神社での参拝のときですよね?

平成の大営繕は、今年11月末終る予定です。
001.gif次回は、工事壁のない、新しい平成の本堂母と参拝にまいりたいものです。

つづく……
[PR]
by takematugumi | 2010-06-16 10:24 | その他
<<   竹松組ご一行様 ⑤ 浅草神社 竹松組ご一行様 ③ 人形焼 >>