<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
明日から10月――神無月
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~198

いつまでも暑い夏が終わり、9月最後の日となりました。
秋分の日も過ぎ、どんどん日は短くなっていますね。

001.gif明日からは、10月――神無月です。

神無月というのは――
027.gif日本中の神様が、出雲の国(現在の島根県)に集まり会議を開き、
他の国には神様が居なくなってしまうことからそう呼ばれてきました。
神様の集まる出雲の国では反対に
10月は「神在月(かみありづき)」と呼ばれています。

他にも、天候からの説として、
10月にはいると、雷の鳴るのが極端に少なくなるので 
027.gif「雷無月=かんな月」という説を、今朝のラジオで話していました。
これに対応して、6月は「雷鳴(みな)月」と呼ぶのだそうです。
他には、
新しくとれた米穀で酒を醸造する月というので
027.gif「醸成(かみなし)月」というなど……
の諸説があります。


1年の4分の3が終わり、新しい年が始まるまで3ヶ月となります。
そろそろ来年の暦やら占い、あるいは、
カレンダー・手帳などが書店に並び始めていますね。

<実は、私、来年の星別の本、
2冊(某有名先生2名の著書)、すでに購入いたしました!!037.gif

[PR]
by takematugumi | 2010-09-30 16:16 | その他
まるびぃ12 金獅子賞
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~197

まるびぃ12 金獅子賞

まるびぃは開館して早6年になります……

開館から1年間では、
入館者数目標の約5倍以上の157万人という人を集め、
045.gif地方の公立美術館としては驚異的な数字を出しています。
まるびぃは、プリツカー賞受賞より先に、
034.gifヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展の金獅子賞も受賞しています。
そのため、国内のみならず、外国からの入館者もとても多かったと思います。

また、市内の小中学生を無料招待するというかたちが、
016.gif子どもたちに現代美術が楽しいものだと体感してもらい、
また、家族で訪れるという広がりがあったと思います。
私自身も、中学生くらいから自分でよく美術館へ行きましたから、
今の子どもたちがうらやましい…と思いました。

後は、市内中心部にあるという地理的な利点と
囲いがなく自由に通り抜けられるというのも 素晴らしいことだと思います。
023.gifそういえば、昔は兼六園も無料開放されていましたから、
自由に通り抜けていましたよね。

まるびぃは 新鮮な感動に出会える場所のひとつですね。
また楽しい企画や、新しい試みを心待ちにしています。006.gif

 …おしまい…
[PR]
by takematugumi | 2010-09-24 11:07 | その他
まるびぃ11 『人体の不思議展』その2
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~196

まるびぃ11 『人体の不思議展』その2

人体標本には”縦輪切り”や、”横輪切り”のものもありましたし、
血管だけの標本も…
034.gif本物の人体をあのような標本にする技術――すごいものですね。
医学や看護の勉強中の人、医療に携わっている人
あるいはスポーツ選手などは、
筋肉や腱など詳細にみられるのは
さぞかし勉強になったことでしょう。

001.gifわたくしは、赤ちゃんの、その成長の過程を興味深くみてまいりました。
この子達は、せっかく命をさずかったのに、この世を何も知らずに~
お母さんから生れでる前(あるいは、直後)だったのかと思うとせつなくなりますが

喫煙者の黒くなった肺も ありましたね。
タバコのすいすぎには 気をつけましょうね。

最後の展示は、触ってもよい人体となっており、
005.gif実際に触っている人がいました!!
”脳の重さ”を体験するコーナーは、体験してまいりました。
思ったよりも、ずっしりと重い~
頭をつかうと、甘いものがほしくなる理由がわかったような気になりましたね。

ほんとの最後に、“肌年齢”と“血管年齢”を測るコーナー(有料)がありました。
023.gif“血管年齢”だけ試してみたのですが、
実年齢よりかなり若く判定されたことに気を良くしまして、
私個人としては、これが、一番の収穫だったでしょうか…006.gif
[PR]
by takematugumi | 2010-09-22 10:28 | その他
まるびぃ10 『人体の不思議展』その1
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~195

まるびぃ10 『人体の不思議展』その1

市民ギャラリー『人体の不思議展』が催されました。
確か数年前にも、21世紀美術館でかかったはず。
そのときは、ちょっと恐くて観にいけませんでした。
それこそ10年以上まえ、大阪でみつけたときは、
興味があり みたいとおもったのですが、
時間が合わず観られませんでした。
ですから、金沢で~となり、見に行こうとは思ったのですが、
034.gif本物の人体であることを考えると、
観てみたいという興味より、恐いのほうが勝ってしまったのです。

今回、娘というお供をひきつれ、鑑賞してきました。

ケースに入らず展示されているものを最初にみたときは、
021.gif恐くて 眉間にしわがよっていたと思います。
最初はしかめっ面をして、遠巻きに観ていました。
ケースに入っているものは、まだ何とか…。
しばらくすると、少しずつ慣れてはきましたが、
009.gif046.gif042.gif目や、瞼、まつげがみえると、引いてしまいます。
043.gif
骸骨の方がよっぽど可愛いと思えます。

…つづく……
[PR]
by takematugumi | 2010-09-21 15:53 | その他
まるびぃ⑨ 『建築と音のアンサンブル』
住◎談話室へようこそ(*-*)/~194

まるびぃ⑨ 『建築と音のアンサンブル』

9月5日に プリツカー賞受賞のお祝いとして
『建築と音のアンサンブル』 という企画が催されました。
001.gif建築と音楽のコラボレーションです。
わたくしも、観にいきたい?!聴きにいきたい?!と思っていたのですが、
時間がとれず かないませんでした。
が、ちょうど、NHKの 『かがのとイブニング』
ちょっとだけ 垣間見ることができました。

ホワイトキューブの中に黒いピアノ黒いタキシード姿が似合っていました。
小さい空間なので、響きも違ったのではないでしょうか?
034.gif井上道義さんも生で聴いてほしいとおっしゃっていましたね。
その点では、すごい至近距離で生音をきけることになりますね。

光庭のなかにクリアキューブとなっている展示室があり、
今回はそちらに、井上マエストロが展示?されておりました。
作曲中というカードがたてられていましたよ。
オペラを作曲中とのこと。
井上さん、お仕事は はかどったのでしょうか??
023.gifそういえば、画家の人たちなら公開製作という企画がありますが、それと一緒ですね。
さすがに、作曲の過程は目には見えませんが…

また、機会があれば是非このような企画を催してもらいたいものですね。
円形ホワイトキューブで、
周りを鑑賞者でとりかこみ、
中心で生演奏してもらうというのはどうでしょうか。
043.gifブルーマンとのコラボ!!
なんていうのもどうでしょう、色が映えていいのでは??

…つづく……
[PR]
by takematugumi | 2010-09-17 15:24 | その他
まるびぃ⑧ ホワイトキューブ小
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~193

まるびぃ⑧ ホワイトキューブ小

今まで私が観た中で、小さな長方形キューブで 特に印象に残っているのは―
確か、横尾忠則展で、彼が集めたポストカードの展示だったと思います。
034.gif床が全面、鏡張りにしてあって、
残る壁面5面、つまり天井までびっしりと展示されていたものです。

そのホワイトキューブには、靴をぬいで入ります
023.gifスカートの人には、はくものを貸出していたように思います。

薄暗い中に、びっしりと埋まったポストカードに埋もれる自分の姿
足元の鏡に映っているのです???
005.gif異空間です!
鑑賞者は、その異質な空間に興味津々となりながらも、
なにか、落ち着かないような……、
足元の鏡に映っているものも、見たいのだけれど、直視してはいけないような……、
不思議な感じ・不思議な気持ちになりました。

きっと、キューブの中に知り合いしかいなければ、
じっくりゆっくり鑑賞
していたことでしょう。
しかしながら、見知らぬ人がたくさんいて、
鏡の中をじっくりみることなく退出してしまいました。
001.gifもう少し、異空間にとどまっていればよかったなと、ちょっと後悔です。

…つづく……
[PR]
by takematugumi | 2010-09-16 16:34 | その他
まるびぃ⑦ ホワイトキューブ中
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~192

まるびぃ⑦ ホワイトキューブ中

中くらいのホワイトキューブの展示では、
同じく前回の企画展のヤン・ファーブルの作品展示で――

壁面には写実的な絵画が掛けられています。
中央の展示台には、
その絵画の中のモチーフとなっている鳥やふくろうなど、
‘小動物のはく製や羽根’を使った作品ばかりが並べられている……
046.gif015.gif狭い空間だけに、ちょっと閉口いたしました。
このキューブは、そそくさと退出いたしました。

この他にも、
薄暗いキューブの壁面に、黒い十字架、白い十字架がいくつもかけられていて――
近づいてよく観ると
025.gif十字架には、否、玉虫色などの‘昆虫’を貼り付けてある作品群でありました。

まだ、こちらの方が 息ができる感じでしょうか……
023.gifあるいは、昆虫と気がつかずに鑑賞された、幸せ?な人もいらっしゃるかと……

…つづく……
[PR]
by takematugumi | 2010-09-15 15:57 | その他
まるびぃ⑥ ホワイトキューブ大
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~191

まるびぃ⑥ ホワイトキューブ大

大きめのホワイトキューブの展示では、
前回の企画展
舟越桂彫刻=独特の不思議な人物像が 多数 展示されているもので――

そのホワイトキューブに一歩はいると――全ての展示作品がこちらを見ているのです。
つまり、全ての木像が入口を向いて、展示されているのです。
005.gif私は、入った瞬間、彼ら?に見つめられ、圧倒されたのが忘れられません。

それから、中に入り込み、1点1点観ていく訳ですが
027.gif奥にたどり着くまでは、こちらが見られている感じです。
まるで、舞台のワンシーンのようです。
どきどきしながら、進みました。
012.gif女性とおもっていた像が、近づいてみると下半身に~
両性具有の像でびっくりし、目のやり場に困った事も…。

戻っていく時は、背面なので~
比較的おだやかに見られるのですが、
たまに、肩から顔が出ていたりして、ドッキリします。
変なところに手首がちょこんと付いていたりするのは、
もう慣れっこですが……
006.gif

…つづく……
[PR]
by takematugumi | 2010-09-14 16:24 | その他
まるびぃ⑤ ホワイトキューブ大小
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~190
 
 まるびぃ⑤ ホワイトキューブ大小

現代美術の展示に適した 白い壁面の空間ということで、
ホワイトキューブとよばれる展示室となっています。
023.gif正方形長方形であったり、円形であったり……
きかったり、さかったり……

最初の回でお話したとおり、円形の高い天井のホワイトキューブ
結構大きな空間なので、
絵画のような平面作品が何列も掲げられているのも圧巻ですし、
034.gif中心におおきな立体作品が ひとつだけデンとすわっている場合、
または、それを囲むように小さな作品が並べられているのも楽しいですね。
016.gif例えば、編み物の貴公子=高瀬さんの作品展では、後者でした。

小さな立方体の展示室の、1点のみの展示では、
じっくり鑑賞できていいですね。
043.gif大部屋で、気づかずに見のがしてしまう心配がありません。

…つづく……
[PR]
by takematugumi | 2010-09-10 17:00 | その他
まるびぃ④ 緑の橋&ガラスの廊下
住◎001.gif談話室へようこそ(*-*)/~189 

まるびぃ④ 緑の橋 & ガラスの廊下

ロッキングチェアにゆられながら、
右のほうに目をやると今度は、グリーン(植物)の壁面が目に飛び込んできます。

034.gif『緑の橋』 (パトリック・ブラン) という れっきとした美術作品です。
わずか14cmの壁面
056.gif金沢の気候に適した約100種類の植物が、
その、またその植生などが考えられて、
植え込まれているのです。
<金沢近郊で採取された植物も、植栽されているそうな…>
これこそ自然と美術の融合!ですね。

開館より数年経過した今も、
ちゃんと植物たちは私たちをなごませてくれています。016.gif


通称「ガラスの廊下」と呼ばれる透明な通路が、
このグリーンの壁面を突き抜けるというか、くぐるかたちで、
光庭を貫通しています。
ここを通り抜けるのも おつなものです。

作品を鑑賞し、ホワイトキューブ内からでて「ガラスの廊下」を歩くと、
明るい光を浴びて ちょっと開放された気分になれます。
が、視点を変えると――
023.gifロッキングチェアにゆられている人たちに 見られている事になります……
006.gifそれはそれで、おつなものかと……

…つづく……
[PR]
by takematugumi | 2010-09-07 17:05 | その他